Skip to content

ウロボロスについて

ウィキペディアより引用
ウロボロス (ouroboros, uroboros) は、古代の象徴の1つで、己の尾を噛んで環となったヘビもしくは竜を図案化したもの。今日の無限大の記号「∞」のモデルとなった。

語源は古典ギリシア語で、「尾を飲み込む(蛇)」の意の「(δρακων) ουροβóρος(〈ドラコーン・〉ウーロボロス)」。ただし現代ギリシア語では、同じく「尾を飲み込む蛇」の意の「ουροβόρος όφις(ウロヴォロス・オフィス)」と表現する。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。