Skip to content

5000万年前の昆虫700種以上を発見

5000万年前の昆虫700種以上を発見

インド北西部で、5000万年前の昆虫の姿を閉じ込めた琥珀が発掘された。
琥珀の中には、700超の種の昆虫が確認されその中には、古代のハチやシロアリ、アリもいる。
木の樹脂が地中に埋没し、長い年月の間に固化したものが琥珀だ。
琥珀からは頻繁に古代の昆虫が発見されており、中には1億年以上前の昆虫も発見されている。

5000万年前の昆虫700種以上を発見

琥珀に閉じ込められた5000万年前のアリ

5000万年前の昆虫700種以上を発見

琥珀に閉じ込められた5000万年前のクモ

5000万年前の昆虫700種以上を発見

琥珀に閉じ込められた5000万年前のハチ

5000万年前の昆虫700種以上を発見

琥珀に閉じ込められた5000万年前のシロアリ

5000万年前の昆虫700種以上を発見

「5000万年前の昆虫」700種以上を発見 | WIRED VISION

Published in化石

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。