Skip to content

二度と地球へ帰還することがない火星植民地プロジェクト

火星に住んでみませんか?ただし地球には二度と戻れません

NASAは、宇宙飛行士が二度と地球へ帰還することがない火星植民地プロジェクト「Hundred Years Starship」を計画中だという。

このプロジェクトは火星から地球に帰還するための時間と費用を節約できるだけでなく、 火星での開発を最速で進めることができる合理的なプロジェクトだという。
NASAのエイムズ・ピートワーデンは、プロジェクトの作業を開始するには100万の資金をポンド受けていることを明らかにした。
彼は、2030年までに火星の衛星基地を置くことができると主張している。

太陽系内のすべての惑星のうち、火星は生命を維持するための水はあるそうだがそれを永住地にするには心もとない。
火星大気の組成は二酸化炭素が95%、窒素が3%、アルゴンが1.6%で、他に微量の酸素と水蒸気を含む。
大気が希薄なために熱を保持する作用が弱く、その結果火星の温度は低い。火星の表面温度は最高でも約20℃だそうだ。

Read more: http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1324192/Hundred-Year-Starship-Mars-mission-leave-astronauts-planet-forever.html#ixzz14dglSMfq

Read more: http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1324192/Hundred-Year-Starship-Mars-mission-leave-astronauts-planet-forever.html#ixzz14dgDCAL7

Hundred Year Starship Mars mission will leave astronauts on planet forever | Mail Online

Published in宇宙

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。