Skip to content

NASA今後は「生命体探索」を本格的に

NASA今後は「生命体探索」を本格的に

火星のシャルバタナ(Shalbatana)渓谷にあった古代の湖を再現したイメージ図(米コロラド大作成)。(c)AFP/University of Colorado at Boulder

米航空宇宙局(NASA)によると太陽系で生命体を発見するための28項目もの探査計画があるという。

計画は、水星へ着陸から太陽系の天体への接近飛行など多岐にわたるとNASAの研究者は話している。

そのなかでも火星の土壌サンプルを地球に持ち帰る火星探査計画が注目を集めている。
土壌サンプルを調べ、火星にかつて生命体が存在したのか、そして今も存在しているのかが明らかになる可能性があるという。

また、火星の大気のメタンに着目し、有機性を調査する。
2003年に火星でメタンガスの噴出が確認されたことにより、火星は生命が存在する期待が高まった。

さらに、彗星からもサンプルを持ち帰り彗星は、生命体に必要な有機物質を豊富に含んでいるそうだ。
地球上の有機物質の大半が彗星によるものである説もあり新しい生命体を発見する手掛かりになりそうだ。

今後は「生命体探索」に重点、NASA 国際ニュース : AFPBB News

Published in宇宙

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。