Skip to content

メガマウス

メガマウスは現在繁栄しているサメと比較して古い形態を保ったままのサメである。
見た目の通り大きな口でプランクトンを補食している。
太平洋やインド洋など熱帯から温帯の深海に生息し、昼は100-200m程、夜間になると水深の浅いところに浮上するといわれるが、捕獲例が40例ほどと少なく謎の多いサメである。

Published in深海生物

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。