Skip to content

クローン技術で絶滅のニホンオオカミ復活へ

クローン技術で絶滅したニホンオオカミを復活へ

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)の若山照彦チームリーダー(43)が、約100年前に絶滅したニホンオオカミのはく製からクローンを誕生させることを目指している。

若山リーダーは2008年、16年間凍結保存されていたマウスの死骸の脳細胞からクローンを作ることに成功。
凍結死骸からは世界初となり、体細胞が死んでも核の遺伝情報が残っていれば、絶滅種を復活させられる可能性を示した。
世界に6体のはく製が現存するニホンオオカミの復活を目標に設定した。

ニホンオオカミはかつて本州以南の山中に広く分布していたが、1905年の奈良県での捕獲が最後の確認例とされ、害獣として駆除されたり近代化による餌の減少、感染症などのため絶滅したと考えられている。

若山リーダーは2009年から、マウスの毛皮を乾燥させ細胞の核を取り出し、別のマウスの卵子に組込み細胞の復活を試行。
既に毛皮のマウスと同じ遺伝情報を持つクローン胚はできたが、細胞の損傷が大きいとみられ、胎児にまでは成長できないという。

絶滅種の復活には、その動物と近い種で、卵子や代理母などの役割を担う別の動物が必要だ。
既に異種間の核移植技術の確立のため、凍結したマウスとは別種のネズミ類の細胞の核を取り出し、マウスの卵子へ移植、ラットの遺伝情報を持つ細胞を作ることにも成功した。
クローンが実現すれば、ニホンオオカミに近い種のイヌの卵子に移植し復活させたい考えだそうだ。
将来的に忠犬ハチ公や、永久凍土から発掘されたマンモス「リューバ」の復活も視野に入れている。
ただ、絶滅種を人工的に復活させることには倫理面などから異論もあるが今後の展開から目が離せない。
若山リーダーは「絶滅種は寒さに強いなどの特有の能力を持っていた。細胞を復活させることで、その原因遺伝子を解明し保存すれば、人間にも役立てられる可能性がある」と語っている。
神戸新聞|社会|絶滅のニホンオオカミ復活へ 神戸・理研が挑戦

Published inテクノロジー生物

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。