Skip to content

いちごのような模様の新種のカニ

いちごのような模様の新種のカニ

2009年6月末に台湾南部の浜辺にて見つかった赤い甲羅に、白い水玉模様のいちごのようなカニは台湾海洋大の研究者によって新種と確認された。

この新種のカニは2匹のメスで、体長はそれぞれ2.5センチと1.7センチで、いちごより小ぶりだ。

いちごのような模様の新種のカニ

海辺の観光地「墾丁国家公園」管理事務所が、台湾海洋大などに依頼した海域生態調査の結果として、このほど発表した。
その後は新たに見つかっていないということでもしかしたらこの2匹が最後の個体だったのかもしれない。

イチゴそっくりのカニ?! 台湾南部で「新種」発見

Published in生物

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。