Skip to content

ボルネオで肺のない幻のカエルを発見

ボルネオで肺のないカエルを発見

ボルネオのジャングルで幻のカエルを発見。そのカエルは、肺がなく皮膚呼吸で酸素を取り入れていることがわかった。

この幻のカエルは学名「バルボウルラ・カリマンタネシス(Barbourula kalimantanensis)」で、30年前にも1匹だけ捕獲されたそうで、当時解剖されなかったため肺がないことは明らかではなかったそうだ。

発見したのはシンガポール国立大学(National University of Singapore)のデビッド・ビックフォード(David Bickford)博士を中心とする研究グループで、この幻のカエルを発見するためにボルネオ島の熱帯雨林の探索を実施した。
30年ぶりにこの幻のカエルを発見し、解剖をして肺がない100%皮膚呼吸で酸素を取りいれてることが判明した。

ボルネオのジャングルで肺のない成体のカエルが発見 – Technobahn

30年間見つからないほど個体数が少ないこのカエルがみつかったことも凄いが、さらに肺がないという特異な体質のカエルは是非一度は見て見たい。

Published in生物

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。