Skip to content

伝説の怪物「チュパカブラ」の正体

伝説の怪物「チュパカブラ」の正体

スペイン語で「ヤギ(cabra)の血を吸う(chupa)者」という「チュパカブラ」は家畜や人間を襲い血液を吸うと言われる、主に中南米でよく目撃される未確認動物(UMA)だ。
「チュパカブラ」の正体を、ミシガン大学の動物学者バリー・オコーナー(Barry O’Connor)教授が説明している。

目撃者によると「犬のよう」「げっ歯類のよう」「は虫類のよう」「長い鼻を持つ」「鋭い牙を持つ」「ガサガサした緑がかった灰色の肌を持つ」「異臭を放つ」などと言われている「チュパカブラ」に襲われたヤギやヒツジなどの家畜の皮膚は尖った物で刺されたかのような穴があき全身の血がなくなっていたそうだ。
この目撃談にオコーナー教授は「怪物の正体は、鋭い牙で家畜を襲う毛のない生き物ではなく、健康な野生動物をチュパカブラへと変えてしまう8本足の小さな生き物です」と語り、チュパカブラの正体を説明している。
今年7月に「チュパカブラ」とされる生き物がテキサス州で射殺され、解剖されたがそれは「チュパカブラ」ではなくひどい疥癬にかかり毛の抜けたコヨーテであると判明した。

伝説の怪物「チュパカブラ」の正体

8本足の小さな生き物Sarcoptes scabiei(ヒゼンダニ)が「コヨーテ」などを「チュパカブラ」へと変えてしまう怪物だとオコーナー教授はいう。

Scary chupacabras monster is as much victim as villain

Published in未確認生物 uma

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。