Skip to content

メキシコで身長12センチの人間の骨が見つかる

メキシコで身長12センチの人間の骨が見つかる

メキシコで身長12センチの人間らしき骨が発見された。
指でつまめる大きさと重さで、学者の調べによると5000年前の骨だということだ。
骨とはいってもミイラがそのまま朽ちて骨になったようで人間としての形を保ったまま発見された。

メキシコで身長12センチの人間の骨が見つかる

この小人の骨は何体か発見されているがDNA鑑定などはされていない。学者は胎児や幼児の骨のではないとコメントしている。
小人や人魚の骨やミイラが祭られている神社や祠があるが、その多くが動物の肉や骨を組み合わせ作成したフェイクである。
身長12センチの人間の骨が本物かまたはよくあるフェイクか気にかかるところだ。

メキシコで身長12センチの人間の骨が見つかる

メキシコで身長12センチの人間の骨が見つかる

メキシコで身長12センチの人間の骨が見つかる

メキシコで身長12センチの人間の骨が見つかる

古今中外三寸小人真实记录(组图) | 看中国

Published in未確認生物 uma極小

One Comment

  1. ovo ovo

    頭、でかくない?
    これってペルーでも発見されていたような…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。