Skip to content

ニューギニアで発見された新種生物:その5「極小のカエル」

ニューギニアで発見された新種生物:その5「極小のカエル」

『コンサベーション・インターナショナル』のStephen Richards氏が発見した親指の大きさほどの小さなカエルはニューギニア奥地のミュラー高原で行なわれた2009年9月の研究旅行の最中、優しい擦るような鳴き声を頼りに探した結果泥だらけの狭い溝にいたという。
コノハガエルの一種で、種の名前はまだないそうだ。

ニューギニアで発見された新種生物:その6「オオズアリ」
ニューギニアで発見された新種生物:その5「極小のカエル」
ニューギニアで発見された新種生物:その4「ニセフクロモモンガ」の一種
ニューギニアで発見された新種生物:その3「巨大カエル」
ニューギニアで発見された新種生物:その2「テングフルーツコウモリ」
ニューギニアで発見された新種生物:その1「コノハギス」

Published in極小生物

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。