Skip to content

ニューギニアで発見された新種生物:その1「コノハギス」

ニューギニアで発見された新種生物:その1「コノハギス」

2009年にパプアニューギニアのニューブリテン島のナカナイ山で2ヶ月間の調査で、科学者のPiotr Naskrecki氏とDavid Rentz氏は新種の動植物200種以上を発見した。ナカナイ山はパプアニューギニアが世界遺産に推薦している場所だ。

ピンクの目をした美しいこの虫は、調査で見つかった20種のコノハギス(leaf katydids)のうちの1つだ。
ミュラー高原で採取したコノハギス42匹という比較的小規模なサンプルのなかで、少なくとも20の新種が見つかった。

ニューギニアで発見された新種生物:その6「オオズアリ」
ニューギニアで発見された新種生物:その5「極小のカエル」
ニューギニアで発見された新種生物:その4「ニセフクロモモンガ」の一種
ニューギニアで発見された新種生物:その3「巨大カエル」
ニューギニアで発見された新種生物:その2「テングフルーツコウモリ」
ニューギニアで発見された新種生物:その1「コノハギス」

Published in生物

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。