Skip to content

UMA「モンゴリアン・デス・ワーム」の存在はほぼ確定

UMA「モンゴリアン・デス・ワーム」の存在はほぼ確定

モンゴリアン・デス・ワームの死骸とされる物体
「モンゴリアン・デス・ワーム」は、ゴビ砂漠周辺に生息するといわれている。
その長さは最大で1.5mにも上ると言われ生物を殺傷できる毒を持ち、電撃を出すことも出来ると言われている。

UMA「モンゴリアン・デス・ワーム」の存在はほぼ確定
大変凶暴で現在までに数百人が犠牲になっており、モンゴルの砂漠地帯の住民たちに、「オルゴイコルコイ(腸虫の意味)」と呼ばれ、古くから恐れられている。
短い雨季の間によく姿を現すという。
そんなUMA「モンゴリアン・デス・ワーム」だが2005年に、イギリスの科学者達の研究チームにより本格的に捜索が開始され、どうやら存在することがほぼ確定しているようだ。

UMA「モンゴリアン・デス・ワーム」の存在はほぼ確定

今回捜査にあたった、研究チームの中心人物、未知動物学者のリチャード・フリーマン博士は、生物の存在を確信しているが、「モンゴリアン・デス・ワーム」の毒については生物を殺傷できる毒ほどではなく寓話に過ぎないとし、恐るべきものではないと話しているそうだ。

UMA「モンゴリアン・デス・ワーム」の存在はほぼ確定
Published in未確認生物 uma

2 Comments

  1. 高下ソウキチ 高下ソウキチ

    私は世界を冒険している冒険家です。昨年はアメリカ大陸を歩いて横断しました。5000キロ歩きました。次の目標はゴビ砂漠徒歩横断。タクラマカン砂漠徒歩横断です。次の冒険のために今色々と情報を集めていますが モンゴリアン デス ワームに関する情報を求めています。見たとか見た話を聞いたとか そういう情報があればお願いします。またゴビ砂漠を旅したことのある人も情報お願いします。        世界の冒険家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。