Skip to content

「ルイ16世の血を納めた容器」をDNA鑑定

「ルイ16世の血を納めた容器」をDNA鑑定

挑戦的な演説と、威嚇するようなドラムロールの後、ルイ16世は1793年1月21日にギロチンに掛けられその首を落とした。
フランス最後の王の首が落ちると、民衆は記念にその血をそれぞれのハンカチに浸した――と言われている。
この写真の容器は、あるイタリアの家族が、1800年代後半から所有しているものだ。
フランス革命の関連人物と、「1月21日、王の処刑後、Maximilien Bourdaloueがハンカチをその血に浸した」という意味の文章も刻まれているという。
もともとは、1804年に皇帝となったナポレオン・ボナパルトへの献上品だったとされ、現在の価値は50万ユーロ(およそ5, 800万円)だという。

「ルイ16世の血を納めた容器」をDNA鑑定

科学者が容器を調べたときには、すでにハンカチは残っていなかったが、乾燥した血液は十分にあり、5つのDNAサンプルを採取し父親から引き継ぐY染色体、母親から引き継ぐミトコンドリアDNA、そして青い目と関係したHERC2遺伝子について行なわれた。

「ルイ16世の血を納めた容器」をDNA鑑定

民衆に示されるルイ16世の首。2万人の群衆に対して、「人民よ、私は無実のうちに死ぬ」。「私は、私の死を作り出した者を許す。私の血が二度とフランスに落ちることのないように神に祈りたい」と語ったという。Wikipediaより

「ルイ16世の血を納めた容器」をDNA鑑定 | WIRED VISION

Published inテクノロジー

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。