伝説の怪物「チュパカブラ」の正体

伝説の怪物「チュパカブラ」の正体

スペイン語で「ヤギ(cabra)の血を吸う(chupa)者」という「チュパカブラ」は家畜や人間を襲い血液を吸うと言われる、主に中南米でよく目撃される未確認動物(UMA)だ。
「チュパカブラ」の正体を、ミシガン大学の動物学者バリー・オコーナー(Barry O’Connor)教授が説明している。
“伝説の怪物「チュパカブラ」の正体” の続きを読む

メキシコで身長12センチの人間の骨が見つかる

メキシコで身長12センチの人間の骨が見つかる

メキシコで身長12センチの人間らしき骨が発見された。
指でつまめる大きさと重さで、学者の調べによると5000年前の骨だということだ。 “メキシコで身長12センチの人間の骨が見つかる” の続きを読む

UMA「モンゴリアン・デス・ワーム」の存在はほぼ確定

UMA「モンゴリアン・デス・ワーム」の存在はほぼ確定

モンゴリアン・デス・ワームの死骸とされる物体
「モンゴリアン・デス・ワーム」は、ゴビ砂漠周辺に生息するといわれている。
その長さは最大で1.5mにも上ると言われ生物を殺傷できる毒を持ち、電撃を出すことも出来ると言われている。
“UMA「モンゴリアン・デス・ワーム」の存在はほぼ確定” の続きを読む